Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

ILL Q&A(かんたん便利編): お金のこと

使えるのは学内の資料だけではありません。「ILLサービス」で学外からも資料が取り寄せられます!
素朴な疑問から尋ねにくいお金のことまで、担当者がお答えしていきます。

さらに詳しく

図書館ウェブサイト内

学外相互利用の申込の手順と利用できる範囲 別ウィンドウで開く

でも詳しく説明しています。

学外相互利用申込書

こちらからダウンロード 

図書館ウェブサイト内 
 学外相互利用申込書 別ウィンドウで開く

記入後、図書館カウンターまで持参ください。

Q. 「複写取寄せ」っていくらかかるの?

論文記事を取り寄せたいけれど、いくらくらいかかるの?

あんまり高かったらいやだなぁ。

A. 枚数や相手館の規定によって異なります。

コピーの枚数が2-3枚であれば、送料含め200~300円で済むこともありますし、

枚数が多ければ数千円になることもあります。

また、手数料込みのコピー料金は、所蔵館の規定により、モノクロ1枚あたり30~50円とそれぞれ異なります。
 

「現物借用」のほうが安いかも

「訪問閲覧」のほうがいいかも

公共図書館に行ったほうがいいかな

 

など相談したい方は、図書館カウンターまでどうぞ。

ガイド欲しい資料が関大にない!も参考にしてください。

目次に戻る

Q. 「現物借用」はいくらかかるの?

1冊全部読みたいから、コピーじゃなくて本そのものを取り寄せたい。

でもちょっと料金が心配だなぁ。

A. 本の大きさや重さ、相手館の場所などによって異なります。

「現物借用」の料金=往復の郵送料 です。

そのため、本の大きさや重さ、所蔵館の場所などによって変わってきます。

また、相手館がどのような郵送手段を規定としているかにもよります。

 (資料は各館の大切な財産なので、
 ゆうパックや簡易書留、宅配便など補償付きの手段で郵送します)

 

あくまで目安ですが…

ごく薄い本で1000円程度

大型本や複数冊同送の依頼をすると、2500円程度かかることもあります。

 

※ 複数冊の借用を申し込まれた場合 ※

少ない郵送回数で済むよう、まとめて所蔵している館を一生懸命探します。

しかし、所蔵館が少ない資料、あるいは貸出不可扱いの資料が含まれていた場合などは、

どうしても複数館に依頼することになります。

館数分の郵送料がかかりますが、ご了承ください。

 

 

目次に戻る

Q. お金がない…

今日は手持ちがないんです。

でも資料が必要なんです…後払いでもいいですか?

A.〈学生・非常勤教員等の場合〉受け取り時に支払いをお願いします。

資料の受け取り時に、必ず料金をお支払いください。

お釣りの発生しないように料金をご用意ください。

日本円でお願いします。

目次に戻る

A.〈専任教員の場合〉個人研究費での申し込みは、窓口での立て替え払いが不要です。

個人研究費が便利になりました。

3月をのぞく、4月から2月の期間に
個人研究費を利用した学外相互利用の受取では、

窓口での立て替え払いは不要です。

帳票にサインをするだけ。

図書館で帳票をお預かりし、個人研究費の処理に回します。

※ 支払方法により一部例外があります。

※ 個人研究費以外の校費で申し込みの場合、従来通り、立て替え払いをお願いします。

 

目次に戻る