Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

- D1-Law.com:日本の法情報を総合的に入手する: 【法律判例文献情報】


ガイド内の画像はクリック(タップ)すると拡大します

法律判例文献情報


「法律判例文献情報」では、法律関係論文や評釈等の掲載情報(文献編)および判例本文の掲載情報(判例編)を検索することができます。
一般的な雑誌記事・論文検索データベースよりも、法律関係に特化した収録内容や検索フォームが特徴です。

ここで入手できるのは文献情報(=どんな資料が存在するのか・どこに掲載されているのか)のみです。本文は収録されていません
文献情報をもとにKOALA等で検索をし、資料を入手しましょう。

ただし、「本文情報」のリンクが記載されている場合は、リンク先(CiNii Articlesなど)で本文が取得できる場合があります。

 

トップページから>>
バナーをクリックして各々の詳細検索画面に切り替えます。

その他の詳細検索画面から>>
画面上部のプルダウンメニューから、目的の検索画面に切り替えます。

 

「文献編」と「判例編」の切り替えも、プルダウンメニューから行います。

 

 !  注意  !

★「判例編」に収録されているのは判例の掲載情報のみです。本文を参照する場合は「判例体系」を利用します。

★法律判例文献情報の「文献編」に収録されているのは1982年以降に発行された図書・雑誌・新聞に掲載された法学関係の文献です。
それ以前のものは含まれませんので、他の雑誌記事・論文検索データベースや資料情報データベースを利用します。

基本の使い方

【検索条件設定】

初期画面にも複数の入力欄が表示されていますが、さらに追加することも可能です。

特に特徴的である 裁判情報での検索 のための入力欄はここで追加する必要があります。

 

【検索結果一覧】

目的に合った検索フォームに条件を入力し「検索」すると、結果一覧が表示されます。

結果が多い場合は画面左側で絞り込み条件を追加したり、
順を並べかえるなどして目的の法令を探しましょう。

検索結果から参照したい文献情報を選択しクリックすると、詳細画面へ遷移します。

 

【文献詳細画面】

記事名・著者名・掲載誌名・巻号・ページなどの文献情報が記載されています。
この情報をもとに、掲載誌の所蔵があるかどうかKOALAで確認しましょう。

同一の雑誌であっても、KOALAに登録されている巻号と表記が一致しない場合(※)があります。その場合、発行年月日等の情報を元に所蔵を確認してください。

※ 雑誌に付与される巻号として「巻」「号」「通号」があり、どれを表記するかはデータベースによって違います。
そのため例えば D1-Law.comには通号のみ掲載、KOALAには「巻・号」で記載 となっている場合があります。

各情報へのリンク(文献から)

  判例体系

この文献で取り上げられている判例が「判例体系」に収録されていれば、
その詳細画面へのリンクが張られています。

  法律判例文献情報

画面左の、関連情報を表示している欄からは
「法律判例文献情報」に収録されている同じ著者の他の文献情報や、判例本文の掲載情報へリンクします。

 

本文情報へのリンク

一部の文献は、CiNii Articles  や IRDB  との連携機能により、本文を取得することができます。

「本文情報」欄のリンクをクリックすると、別ウィンドウで開きます。

 

CiNii Articlesにて本文を入手する方法について、詳しくはkoaLABOガイド「CiNii Articles:日本の学術論文を探す」を参照してください。