Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

- D1-Law.com:日本の法情報を総合的に入手する: さっそく使ってみよう


ガイド内の画像はクリック(タップ)すると拡大します

アクセス方法

図書館ウェブサイト内「データベースポータル」にて
資料タイプ「法律_判例_行政資料」を選択すると便利です。

こちらのリンクからも利用可能 ↓

データベースポータル「D1-Law.com」  

ログインとログアウト

データベースポータルからアクセスすると、IP認証で自動ログインします。

終了時には必ず「ログアウト」をクリックして利用を終了してください。

トップページ

全体のトップページがこちらです。

 

トップ画面からは
  現行法規 (履歴検索)   判例体系   法律判例文献情報、そして横断検索 ​から
対象を選択して「フリーワード検索」ができます。

フリーワード検索は
「そのキーワードが“どこか”に含まれているもの」を探す検索方法です。
幅広く・たくさんの情報を集めることができます。

「法令の条文が読みたい」「判例を探している」など、
目的が明確な場合は、各データベースの詳細検索に切り替えると効率的な検索ができます。
 

各々の詳しい使い方は以下のページを参照してください。
↓ ↓

  現行法規 (履歴検索) の使い方

  判例体系 の使い方

  法律判例文献情報 の使い方

 

横断検索

「横断検索」を選択すると、
3つのデータベース(現行法規 (履歴検索)・判例体系・法律判例文献情報)をまとめて検索できます。

検索結果はデータベースごとに一覧表示されます。画面左のラジオボタンで一覧を切り替えます。

項目名をクリックすると、各データベースの詳細ページへと遷移します。

次のページから、データベースごとに使い方を説明します。
ページ上部のタブ、あるいは以下から選択して参照してください。

  現行法規(履歴検索)  の使い方

  判例体系 の使い方

  法律判例文献情報 の使い方